SSブログ
前の1件 | -

月9 5時から9時までに出演の石田芳道がすごい


月9 5時から9時までに出演の石田芳道がすごい

フジテレビの月9ドラマと言えば、「5時から9時まで」が
話題ですね。
原作は漫画雑誌「Cheese!」に連載されている、相原実貴の同名漫画。
英語の非常勤講師を務めるヒロインとお坊さんという異色な二人の
恋愛模様を描いた作品です。

石原さんの相手役のお坊さんは山下智久さん。
お坊さんという設定なので、その周辺の世界もドラマの中では
描かれていますが、注目は脇役を固めているキャストです。

みなさんは、石田芳道さんという方をご存知ですか?
石田さんはこの脇役の中のお一人で、お坊さん役を演じています。


スポンサードリンク






それが何? 誰、その人? 
と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

石田芳道さんは安田義孝(34歳)さんと組んで、お笑いコンビ
「ドドん」を結成した芸人さんなのですが、
実は、なんと、ホンモノのお坊さんでもあるのです。

ホンモノのお坊さんが恋愛ドラマに出演??
お坊さんは実はお笑い芸人??

石田芳道さんて、一体なにもの??

気になりますよね~。

石田芳道さんは、実家が曹洞宗のお寺で、雲門寺というところ。
調べてみると、この雲門寺は歴史あるすごいお寺だったのです。


スポンサードリンク





遡ること、時は鎌倉時代。
雲門寺がある場所は、星岡と呼ばれているのですが、
ここで、鎌倉幕府が終わるきっかけになった戦いが起きました。
この戦いで鎌倉幕府は負け、そして終わりへと向かっていくのです。

そんな場所に雲門寺は建っています。
しかも、雲門寺は鎌倉時代のもっと前、平安時代に建てられた
古刹(こさつ)が始まりだとか。
(古刹とは、由緒ある古い寺のこと)

石田芳道さんは、跡を継ぐべく、大学卒業後には山ごもりの
修行などを経て、僧侶の資格を得ました。

お坊さんになったのに、芸人を目指して上京。
生活費を稼ぐため、週に2、3日だが、東京・四谷にある
「坊主バー」で働いてもいます。

なかなか異色のお坊さんですね。

現在は安田義孝(34歳)さんとお笑いコンビを組んで、
ドドん石田として活躍するほか、お坊さんバラエティ番組にも
出演しています。

『5時から9時まで』のドラマの出演にあたっては、
「山下さんはかっこいい。でも、石原さんが僕をチラチラ
見ているような気がするんです。」と語っています。
「最終回までに、何とか法力で山下さんではなく、
僕に振り向かせるようにしたいと思っています(笑い)」。

思わず、鼻の穴をふくらませている様子が伺える発言ですね。

石田芳道さんは、芸能人の中にありながら、葬儀を執り行うことも
できるという、唯一無二の存在。
今後の活躍が気になりますね。

スポンサードリンク





前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。